丸山産婦人科

丸山産婦人科

046-873-8103

逗子市桜山1-8-5(JR逗子駅よりバス)

Googleマップで見る

丸山産婦人科のクチコミ情報

  1. まめ子 さん 2007年07月10日

    今年3月に矢内原医院→丸山産婦人科コースで出産しました。
     夜中に病院入りした私には随時2人の助産師さんが付き添って下さり、痛さを耐える私に何度も励みの言葉とマッサージをして下さいました。早朝にも生まれるかもという勢いだったのが、途中陣痛が遠のき10時に出産。本当はもう仕事上がりだった付き添いの助産師さんが「ここまできたら私も横にいます」と最後まで立ち会って下さいました。その後は会陰切開を縫う痛さに耐えられず、何とか気を紛らわそうと先生にべらべらと話しかけてしまったのですが、先生はそんな私にも最後まで付き合ってくださり本当に助かりました。
     入院中の食事は皆さんも書いてあるようにボリューム満点でとても美味しかったです。看護師さんや助産師さん、それに清掃の方まで感じがよく、安心した入院生活でした。

  2. コソガイ さん 2007年03月02日

    詳しい出産レポートはユキムラの鎌倉出産日記へ。部屋や食事の写真、費用一覧などがあります。
    https://kamakuramama.com/category/yukimura/yuki-birth/

  3. まめ子 さん 2007年02月24日

    妊娠35週目で矢内原医院より分娩をする丸山産婦人科に転院となり、健診に行ってきました。以前予約時に一度は行っているのですが、久々で少々緊張している私にスタッフの方は笑顔で接して下さり、また先生もこちらの質問に丁寧に答えて下さったので緊張もほぐれ、ほっとしました。
     ちょうど私が検査をしている時に陣痛で来た妊婦さんと遭遇。先生、スタッフの方が頻繁に声をかけ励ましている姿を見て、1ヵ月後の自分を想像しました。

  4. ドブ板製作所 さん 2007年01月04日

    今春、婦人科の紹介で丸山医院で分娩するために受診しました。院長の診察でしたが、不親切なところがあり口調も厳しく感じられ、ここで産むのは気が引けるなと思ってしまいました。また自分が接した全ての女性スタッフが、皆さんタメ口でお話されるので驚きました。フレンドリーな雰囲気を大事にしているのかもしれませんが、大人の人間同士、初対面なのにタメ口は気分が良くないと感じました。もしかしてこれが最後のお産かもと思うと納得のいく産科で産みたいと思い、分娩の予約は撤回して他院にて分娩することを決めました。

  5. たーママ さん 2006年12月19日

     今年の春に出産しました。
     微弱陣痛で二日間、陣痛室でお世話になりましたが先生が何度も診察しに来てくれたので、初めてのお産でしたがとても安心できました。陣痛室ではお産ぎりぎりまで待機して、いよいよ!という時になってから隣の分娩室へ移るので、分娩時間が短時間ですみました。
     毎日の食事は、ボリュームもあり、和洋中の献立で全く飽きません。食事は、スタッフの方が部屋まで運んでくれますが、食べ終わった食器は部屋の外にある棚へ自分で返却しに行きます。
     私が入院していた時が丁度、菜の花満開の時期であった為、部屋の窓から見る度に癒されていました。桜の時期までは少し早かったのですが、入り口にある桜の木が満開の頃退院なんてなったら、素敵だな~なんて思いました。 先生をはじめ、看護士さん、助産士さんみんな明るくて気さくな方ばかりでした。退院する時には、名残惜しいような気分になってしまいました。
     第二子を授かったらまたこちらで出産したいなと思っていますが、第一子をとり上げて下さった先生が退任されたとのことで、丸山先生一人での対応はとても厳しいものではないかと感じます。出産を扱う産院が減っているので早く新しい先生が来てくれる事を願っています。

  6. まめ子 さん 2006年09月25日

    現在妊娠4ヶ月です。先月、出産を丸山産婦人科でするため予約しに行きました。今まで丸山先生と中村先生のお二人いらっしゃったようですが、中村先生は退任され、代わりの先生がいらっしゃるまでは当分丸山先生お一人でなさるとのことです。
     分娩費用を聞いたところ、「大体53万円くらいです」とのことでした。全国平均は45万とのことですが、やはりこの辺りは高いのでしょうか。仕方のないことですが、痛い出費です。

  7. 午後の紅茶 さん 2006年06月12日

     矢内原医院→丸山産婦人科のコースで2子とも出産しました。第1子のとき(2003年)は35~6週でいきなり転院する形だったのですが、第2子のときは20週を迎えたら一度丸山医院へいって分娩の予約を入れるようになっていました。
     ここは丸山先生と中村先生のお二人でなさっています。どちらの先生も気さくで緊張せずにすみますし、質問には丁寧に答えてくださいます。第1子と第2子は2年半あいていましたが、前回のお産がどうだったかよく覚えてくださってました。体重管理はとくに丸山先生のほうは厳しくされます。
     分娩室は夫の立会いができます。微弱陣痛で促進剤も打ちましたが、ぎりぎりまで陣痛室のベッドにいられるので、分娩台に上ったら出産まで早かったです。
     部屋は個室10室ほど。トイレ、洗面台、テレビ、冷蔵庫完備。面会時間は朝7時~夜8時。赤ちゃんが生まれたその日だけは何時に面会してもよいらしいです。基本的に夜8時に鍵が閉まり、防犯用のセンサーがONになります。待合室の自動販売機にお茶を買いに行った時、センサーを鳴らしてしまいました。すぐに当直の看護師さんが確認に来られました。
     看護師さん方はいろいろな考えの方がいて、母乳推奨派・ミルク推奨派・受容派といらっしゃいます。トータル的にひとつの考えを押し付けられないのでストレスにならずにすみました。先生自身は「赤ちゃんの体重は増えて悪いことはない」とおっしゃってました。退院のときも一ヶ月検診まで赤ちゃんの体重を増やすことだけ考えてと言われました。
     小児科は併設されていませんが、毎週木曜日の午後に小児科医の先生が来て赤ちゃんを検診してくれますので、一週間内の検診と一ヶ月検診は医院でしてもらえます。
     一人目のときは乳房マッサージや調乳指導など個室外に出るスケジュールがありましたが、二人目のときは「二度目なので特に希望しなければ部屋で休んでいていいよ」と言われ、五日間の入院中ゆっくり休みました。
     入院中、産婦の検診は退院日含め毎日丸山先生が診てくれました。
     退院の前日には看護師さんによる赤ちゃんの沐浴指導があります。おへその消毒薬やガーゼのセットをくれます。ほか、誕生後初めての沐浴のときの写真と足型、退院時の家族写真をはがきとプリクラにしたお土産がありました。
     床上げ後、矢内原先生のところへ赤ちゃんをお見せしに行ったところ、「今日はちょうど丸山医院へ行くところだよ」とのこと。矢内原先生もいらっしゃることがあるみたいです。

  8. ベス さん 2006年05月10日

     第1子は湘南鎌倉総合病院でしたが、待ち時間が長いのと、総合病院で色々な病気の人に出会ってしまうのが嫌で第2子は丸山産婦人科にしました。
     平日午前中の受付終了間際か午後一番での診察だとあまり待たされず1時間くらいで終わりました。混んでいる時は3時間くらいかかるらしいのですが幸運なことに私はいつも空いている時でした。
     近所に逗子の子育て広場があるので、お父さんが上の子を連れてそこで診察が終わるのを待っていてくれたりしました。
    診察は割りと毎回あっさりしていて、便秘などがひどいときは薬も毎回出してくれました。あっさりしすぎて初産の方には不安・物足りない感じがするかもしれませんが、経産婦には丁度いい感じでした。体重が増えすぎるのだけは、ちょっと注意されたりしますが・・・。
     看護婦さんや助産婦さんはわりと年齢が上(40代から60代後半くらい?)で、頼りがいのある優しい方がほとんどでした。陣痛が進んでいくときも具体的なアドバイスをくれるので経産婦でも安心できました。第1子のときは若い研修生のような助産婦さんで何も助けてくれませんでしたので…!
     出産は土曜日の早朝でした。宿直で来ていた他の病院の女医さんでしたがとても感じのよい優しい先生でした。むしろ女医さんのほうが良かったので、今日生まれてくれ!とお腹の子にお願いしたくらいです。
     陣痛室は分娩室のすぐ隣。カーテンで仕切られたベッドが3床。携帯は持ち込みも通話も自由で、家族に細かく進捗状況を連絡できてとても便利でした。
     出産は分娩台の上です。他のスタイルは選べないようです。旦那さんの立会いは希望すればできます。
    お産が本格的になり、大声をあげたら、年配の助産婦さんに「そんなに大声あげないの!」と叱られました…でも声が出るのは仕方ないと思うので思い切り出しましたが。丸山先生は気にしないらしいですが、もう一人の男性の先生は「声を出すな」方式らしく、注意されてしまうみたいです。昔の考えなんでしょうか。
     病室は新しくはないですが綺麗でトイレもついてます。シャワーは毎日順番が回ってくるのを待ちます。全個室で液晶テレビ付き。食事はメニューも豊富、量も多いし美味しいので退院時になぜか体重が増えたりします。
     初日の夜はとにかく赤ちゃんは預かってくれます。2日目以降は、お母さんの希望で預かったり同室にしたり自由に選べました。
     丸山先生はミルク推奨派のようで、2日目くらいからからミルクを足して、毎日赤ちゃんの体重が増えるように指導します。私は完全母乳を希望していたので適当に聞き流して母乳だけでした。健診でミルクを足すように、とか、授乳回数を減らしておっぱいがたまってからあげてとか指導されましたが、無視をして自分のやりたいようにやり、結果的に退院時にしっかり体重が増えていたので先生はびっくりしていました。
     退院時には丸山先生自ら家族写真を撮ってくれます。写真はすぐに現像して退院のとき持ち帰れます。プリクラシールもついてました。あと沐浴時の赤ちゃんの記念写真ももらいました。その他はアルバムとミルク1巻、哺乳瓶などお決まりのミルク会社の宣伝グッズでした。
     駐車場が広く無料でとめられるので車で通う方も安心です。
     検診代は毎回6千円くらい。分娩代は休日に生んで5日間入院で43万くらいでした。

  9. cabbagecurry さん 2006年02月27日

     1年と少し前に丸山産婦人科で出産しました。矢内原先生で検診→丸山先生で出産のコースです。矢内原先生、丸山先生、どちらも優しく、質問等してもこちらが納得するまで説明してくださいますし、二人目もこのコースで行きたいと思っています。
     母親学級はどちらもやっていらっしゃらないのですが、私は夫と市の「こんにちは赤ちゃん教室」に参加して、まあ、なんとかなりましたよ。もちろん、病院開催のものに参加できたほうが病院固有の事情や施設、入院中の生活等々、具体的にイメージできていいとは思いますが。
     病室は基本的に出産翌日から母子同室で、産後の母乳指導も丁寧にやっていただける(これは産婦の母乳希望度合いにもよるかも知れません)し(出産前の母乳指導は基本的にありません)、夜間の母子同室/別室は希望で選べます。食事は盛りだくさんのおいしい家庭料理という感じで、三食+おやつです。とてもおいしくて食べ過ぎてしまうほどですが、慌ただしい入院生活の中、食事がとても楽しみでした。
     だいたい9ヶ月くらいで矢内原先生から丸山先生に移るみたいなのですが、矢内原先生は分娩をしていらっしゃらない分ゆったりしていて、超音波で赤ちゃんの顔をじっくり見せてくれたり、ビデオに撮ってくださったりと検診を楽しむことができます。丸山先生はとてもお忙しいので、必要な検査のみを行うという感じですが、でも、ときどき写真をくださいました。

  10. やんちゃママ さん 2005年03月17日

     鎌倉では出産扱い病院が限られるので、由比ケ浜の矢内原医院で妊婦検診をして、出産は逗子の丸山産婦人科でというのが選択肢の一つになっています。丸山産婦人科の先生は矢内原先生の後輩にあたるそうで、ちゃんと紹介していただけるので安心です。
     私が出産したのは日曜日でしたが、先生が取り上げて下さいました。一日で他に2組のお産があり、入院中も寂しくありません。ご飯がとてもおいしくて、たくさん食べてしまうので要注意!

ここを利用した皆さんのクチコミを募集しています!

なお掲載にあたり一部編集させていただくことがあります。ご了承下さい。

クチコミをお寄せください




※全て必須項目です

※承認後に表示されます

※個人情報の取り扱いはプライバシーポリシーをご覧ください