子ども会館・子育て支援センター

雨の日もハイハイの子も、屋内なら自由に遊べます。おもちゃもあるので、気軽にのぞいてみましょう。

子ども会館について

  • 小さいお子さんは、小学生がいない午前中の利用がオススメです。
  • 雨の日や熱中症の心配がある日も安心して遊べて、乳児と園児と小学生を一緒に連れて行ける貴重な居場所。ほとんどが閉館してしまって残念。
  • 子ども会館(児童館)は地域の子ども(〜中学生)が自由に遊べる場所。
  • 体育館のようなスペースや図書コーナーにおもちゃがあり、お願いすれば指導員が遊び方を教えてくれ、色々な行事もあります。行事のお知らせは、地域の小学校でプリント配布や掲示されています。
  • 未就学児が利用する場合、保護者の付き添いが必要です。
  • 原則としておやつ・離乳食の持ち込みはできません(乳児のミルク・お茶等はOK)が、直接お問い合わせください。
  • 現在は1館のみ。以前は市内約15箇所にあり、多くは子どもの家(学童保育)を併設していました。放課後子どもひろば(アフタースクール)開設や老朽化のため、2020年までに深沢以外は閉館しました。
  • 2021年4月より、旧・岩瀬子ども会館(現・鎌倉市シルバー人材センター事務所)の和室が、0~3歳未満の乳幼児親子の居場所として開放されます。利用には事前登録が必要です。

子育て支援センターについて

  • 鎌倉・深沢・大船・玉縄の4ヶ所にある子育て支援センターは乳幼児(0~3歳)の親子のための施設です。親子で自由に過ごせるフリースペース「子育てひろば」があります。
  • 子育てアドバイザーが気さくに声を掛けてくれ、育児上の相談への対応や子育て情報の提供も行っています。
  • 授乳室完備しています。
  • よちよち歩きまで、歩ける前までの赤ちゃんを対象とした「赤ちゃんひろば」も開かれています。
  • 2021年3月現在、新型コロナウィルスの影響で、支援センターの利用は予約制になっています。
  • 今後は腰越地区についても、子育て支援センターの設置が検討されています。

つどいの広場について

  • 「つどいの広場」は乳幼児(0~3歳)親子を主な対象とした交流の場です。子育て支援センターがない地区で実施。週3回開催。
  • 子育てアドバイザーによる育児上の相談への対応や子育て情報の提供、親子向け講座も行っています。
  • 現在は腰越支所1箇所のみ。以前は植木、玉縄、七里ヶ浜でも行われていました。

子どもひろばの乳幼児親子受入れ

  • 土曜日は小学生も利用しています。安全には充分に注意しましょうね。
  • 小学生対象の「放課後子どもひろば」で、アフタースクールの空き時間などに乳幼児親子を受入れています。
  • 月〜金(学校開校時のみ):午前10〜12時
    土曜日(夏休み等も含む):午前8時30分〜午後5時(10月~3月:午後4時30分)
  • 学童保育施設のプレイルームなどで遊べます。施設の場所は、元・子ども会館または小学校内です。
  • 小学校内の施設には専用通行口があり、授業中も通れるようになっています。

乳幼児親子の遊び場 一覧

一覧の最終更新日: