健診・予防接種

妊婦や赤ちゃん、子どもの健康のための健診や教室、予防接種について。

鎌倉の母子保健事業

 
  • 対象者に案内書が届くもの、希望者のみ申込むもの、個別に医療機関で受診するものなど、それぞれ違うので注意して。
  • 健診・母親教室・育児教室・健康相談など、妊婦や赤ちゃんのために市や県が行っているさまざまな保健サービスがあります。
  • 詳しい内容については市のサイト・かまくら子育てナビきらきらに書いてあります。
  • 開催日時は広報かまくらにも記載されます。市が主催のものは子育て情報コーナーに、県が主催のものはお知らせコーナーにあるようです。

妊産婦健診について

  • 母子手帳交付の時にもらえる妊産婦健康診査費用補助券で、医療機関(産科)で受診する健診費用の一部が助成されます。
  • 産後一ヶ月健診はお母さんは産科で、赤ちゃんは小児科で受診します。産院に小児科医が来て、一緒に受けられることが多いです。

乳幼児健診について

  • 1歳半健診で斜視を指摘されて再検査に。こども医療センターの眼科を紹介されて何度か通いました。うちは軽いものだったので特に治療の必要はありませんでしたが、専門医に診てもらえて安心しました。
  • 4ヶ月とお誕生前健診は任意の健診です。個別に市内の実施医療機関に行きます。対象月齢に受診すれば無料です。
  • 1歳半と3歳児は母子保健法で定められた定期健診で集団健診です。
  • 健診の結果、ことば等で気になる面があるお子さんには、市で行っているお遊びの教室を紹介されることがあります。

5歳児すこやか相談

  • 年中児(これから5歳になる子)を対象とした鎌倉市の事業です。
  • アンケート形式の相談票に記入して、子どもの成長を振り返ります。保護者の相談も受け付けています。
  • 市内の幼稚園及び認可保育所、認定こども園では、園を通して相談票が配布され、園でとりまとめます。
  • 市外の園に通っていたり、幼稚園等に通っていないお子さんで、相談の希望があれば直接市に申し込めます。

就学時健康診断

  • 来春小学校に就学予定の子が対象。9月上旬から中旬頃、受診票が届きます。
  • 実施は10月から11月頃、会場は学区にあたる各小学校です。
  • 内科、眼科、耳鼻科、歯科の健診を行います。知能検査や面接はありません。
  • 就学にあたって、発達や体のことで特別な配慮が必要と思われる場合には、健診とは別に相談が必要です。関連記事をご覧ください。

予防接種

  • ワクチンには「定期接種」と「任意接種」の2種類があり、どちらも医療機関で個別に受けます。
  • 定期接種は予防接種法に基づいて国や自治体が勧奨しているワクチンです。定められた期間内に接種する場合、無料(公費)で受けられます。
  • 任意接種は有料です。医療機関により金額は異なります。
  • コソガイのサポータークリニックの先生方が予防接種に関するコラムを書いてくださっています。